紫外線によるシワ対策にはどんな方法があるの?

シワを作る原因の一つが紫外線です。

 

 

加齢によって表れるシワの80%は、紫外線が原因といわれています。

 

では、どうして紫外線がシワの原因になり、どのように対策をすればいいのでしょうか。

 

紫外線には

  • UVA
  • UVB
  • UVC

があります。

 

 

UVCはオゾン層によって遮られるので、地上に届いているのはUVAとUVBです。

 

 

肌は表面から表皮・真皮・皮下組織で構成されています。

 

 

UVAはUVBよりも肌の奥に届く性質があり、真皮層にまで到達します。

 

 

 

少しずつコラーゲンやエラスチンを変性させて、保湿力の低下やシワの原因になります。

 

 

肌が黒く日焼けするのはUVBの影響です。

 

 

UVBのダメージを受けると、メラニンの生成が促されます。

 

肌の表面が傷つけられると乾燥し、乾燥によるシワの原因になります。

 

 

基本的な事として紫外線を防ぐために、外出時は日焼け止めを塗ることが大切です。

 

 

SPFやPAの値が高いほど紫外線カット作用が高いのですが、肌への負担も大きくなるので、日常使いならSPF15、PA++くらいのものを使用することがおすすめです。

 

一度塗ったからと安心せずに、こまめに塗り直しをしましょう。

 

 

 

汗や摩擦で簡単に日焼け止めは取れてしまうので、こまめに塗り直しをします。

 

帽子や日傘も活用すると、さらにしっかりと紫外線を防ぐことができます。

 

帽子はつばが大きく、顔全体を日差しから遮れるものを選びましょう。

 

黒は紫外線と通しにくく、白は他の色に比べて紫外線を通しやすい色です。

 

帽子や日傘は黒を選ぶと、紫外線カット作用が高まることが期待できます。