小ジワが出来る原因と対策のために行いたい3つのこと

目元や口元に表れる細かいシワを小ジワといいます。

 

最初はよく見ないと気がつきませんが、放置していると次第に深いシワになります。

 

深いシワを作らないためには、早めのケアが大切です。

 

そもそも、どうして小ジワができるのでしょうか。

 

 

肌は表面から表皮・真皮・皮下組織で構成されています。

 

 

小ジワができるのは表皮です。放置しているとその下の真皮層にまで達して、深いシワとなります。

 

 

表皮の角質細胞がバリア機能を果たし、肌が守られているのですが、角質細胞が壊れてバリア機能が低下すると小ジワができます。

 

バリア機能は乾燥によって低下するので、小ジワを防ぐには乾燥対策が重要です。

 

 

乾燥を防ぐために行いたいことは3つです。

 

1つめは湿度と温度の管理です。

 

冬場は空気が乾燥して肌がかさつきますよね。

 

湿度が低いと肌が乾燥するので、加湿器を使うなどして乾燥対策をしましょう。

 

気温が低下すると肌の代謝が落ちてターンオーバーが乱れて肌の保湿力が低下します。

 

 

2つめは睡眠を十分にとることです。

 

肌の再生は寝ている間に活発に行われています。

 

睡眠不足になると肌代謝が低下して、バリア機能も低下します。

 

遅くとも12時までには眠るようにしましょう。

 

 

3つめは保湿化粧品を使うことです。

 

さまざまな保湿化粧品が販売されていますが、自分の肌にあった化粧品を選んでください。

 

保湿作用がある成分には、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンなどがあります。

 

これらを配合した保湿化粧品を使用するとよいでしょう。