シミを薄くする食事ってあるの?成分から効果的な食材を紹介

シミ対策というと、美白化粧品やサプリメントの利用を思い浮かべるかもしれませんが、食事でのケアも大切です。

 

食事は毎日行うので、体に大きな影響を与えます

 

内側からもケアをすれば、さらに高い美白効果が期待できます。

では、シミ対策のためにはどのような食事をしたらいいのでしょうか。

 

美白成分というとビタミンCを思い浮かべるのではないでしょうか。

 

ビタミンCには抗酸化作用があり、シミの原因になる活性酸素から体を守ってくれます

 

ビタミンCが多い食品は、

  • 赤ピーマン
  • ブロッコリー
  • パセリ
  • 柑橘類
  • イチゴ

などです。

 

ビタミンB2には、肌の代謝を活発にする働きがあります。

 

肌の代謝がよくなることで、メラニンの排泄が促進されます。

 

ビタミンB2が多い食品は、

  • レバー
  • 納豆

などです。

 

 

リコピンはビタミンEの100倍の抗酸化作用を持つといわれる成分です。

 

メラニンを生成する細胞にリコピンを添加したところ、メラニンの生成が抑制されることが実験で確認されています。

 

リコピンが多い食品は、

  • トマト
  • ピンクグレープフルーツ
  • スイカ

などです。

 

 

アスタキサンチンも抗酸化作用が高く、シミを防ぐ働きがあります。

 

アスタキサンチンが多い食品は、

  • いくら

です。

 

鮭の赤い色はアスタキサンチンによるものです。

 

 

 

Lシステインは肌代謝を正常にする成分です。

 

ビタミンCと協力して、メラニンの生成を抑制したり、メラニンを薄くする働きもあります。

 

Lシステインが含まれる食品は、

  • はちみつ
  • 大豆

です。

 

さすがに毎日全てを食べるのは難しいですが、頭の片隅に入れておき意識して摂るようにしてみましょう。